コミュ活VIP

コミュ障克服で人間関係の悩みが減ることを願って情報配信中

コミュ症克服

声に自信をつけて人間関係を良くしよう

人の印象は「声」によって大きく左右されます。

声で損をしないようにしましょう。

なぜ声が重要か?

思い浮かべてください、声は第一印象に大きな影響を与えます。

無意識のうちに声で相手の印象を判断することが多くありませんか?

人に与える印象の40%は「声」、「話の内容」は7%だそうです。

人間関係を良くする方法として「話の内容」をあれこれ悩むより、声を改善したほうがずっと効果的です。

話し手が同じ内容ことを話しても、聞き手の受け取り方が全く異なる場合があります。
そこには声が大きく関わっています。

良い声が常に好まれて、嫌な声は嫌がらてしまいます。

実際、恋人の好きなところは「声」という人もいます。

会話の声がこれまでのコミュニケーションの印象に影響を与えるという事実

印象の良い声に必要な要素は「声の張り」、「声の通りやすさ」、「声の明るさ」の3つの要素が必要とされます。

話し方のテクニックとして、語尾を注意することで良い印象を与えることができます。

語尾を強めると強い印象になります。
そして、語尾に響きを与えることは明るい印象になります。

人間関係で損する悪い声と得する良い声

人間関係で損をする「悪い声」の典型例

  1. 声に険がある
  2. 弱々しい声
  3. 共鳴がなく、がんばらないと届かない声

「悪い声」は発音方法を変えると、声が変わるので安心してください。

「いい声」とは

人間関係で得をする「良い声」の典型例

  1. 生命の活力の強さを感じさせる声

2.明るさ、優しさ、柔らかさを感じさせる声

4.大人の心地よさを感じさせる声

5クリアな澄んだ声

声の印象は、その人の印象として累積していきます。

言い換えれば、良い声を出す事でより人間関係が良くなり、
悪い声を出すことでより人間関係が悪くなりやすいくなります。

良い声を出すトレーニングをして
自分の声に自信をもつ事。

良い声でコミュ症を治す手がかりや人間関係向上に役立てましょう。