コミュ活VIP

コミュ障克服で人間関係の悩みが減ることを願って情報配信中

コミュ症克服

ボイストレーニングで第一印象を良くしよう

声のトレーニングは日々の積み重ねが大切です。
自宅で一人でできる基本的なボイストレーニングを、日々の習慣にしましょう。

首や顔・口の周りをストレッチさせる

声のトレーニングを行う前に首や顔の筋肉をほぐすように運動します。
首を左右、前後に動かす、首を回す。
そして顔や口元のの筋肉を指で優しくマッサージしてほぐします。

腹式呼吸のトレーニング

腹式呼吸は声の音量や、声の質を安定させるために関係してきます。
背筋を伸ばして息を深く吸ったら、ゆっくりと息を吐いていきます。
ポイントは「息を吸うときにお腹が膨らませる」ことです。
意識することによって、徐々に慣れてきます。

ロングトーン

ロングトーンは、音声品質を安定させるための
重要なボイストレーニングの1つです。
息を大きく吸って
「ハーー」や「ウーーー」と、できるだけ長く声を同じ高さで出していきます。
吐き出す息の量を一定にします。
腹式呼吸などの呼吸法も重要になってきます。

リップロール

鼻から息を吸って、「ぷるるるるる」として唇を振動させながら息を吐き出す。

この練習方法を取り入れることで、安定した高音を作り出すことができます

自宅でボイストレーニングをするときの注意

ボイストレーニングを行うときは、「短時間で効率的」を意識することが重要です。

長時間トレーニングを続けると、のどが痛くなり、痛むことがあります。
練習時間の目安として15分〜20分程度の時間で毎日継続して行うと喉への負担を少なくできます。

訓練の効果は少しずつでも
毎日コツコツのトレーニングを積む事でその努力が自分に蓄積されています。
やり過ぎてはいけませんが、喉に優しい生活を心に留めながら訓練しましょう。