コミュ活VIP

コミュ障克服で人間関係の悩みが減ることを願って情報配信中

話し方に自信をつけるために腹式呼吸法を取り入れよう

自分の声に自信をもってコミュニケーションをとれるようにしましょう。

腹式呼吸法は、話し方や声を仕事とする声優やアナウンサーの発声などにも広く使われています。

また、腹式呼吸を取り入れて自分の声に自信をもってコミュニケーションをとれるようにしましょう。

腹式呼吸のトレーニング

腹式呼吸のトレーニング
体全体の力を抜き、仰向けに寝そべる
背筋を伸ばして、鼻からゆっくり息を吸い込みます。
この時息を吸った時にお腹が膨らむように意識を集中します。

息を吸うとお腹が膨らみ、吐くとお腹がしぼむイメージで行います。

つぎに、口からゆっくり息を吐き出します。
このときお腹がしぼむイメージで行います。
お腹をへこましながら10秒程度かけて吐くのがポイントです。

「もうこれ以上吐き出せない」くらい空気を全部吐き切ったら、
鼻からゆっくり息を吸い込みます。
この時も息を吸った時にお腹が膨らむように意識を集中させて10秒程度かけてゆっくり息を吸い込みます。

「もうこれ以上空気が吸えない」くらい空気を吸ったら口からゆっくり息を吐き出します。
このときもお腹がしぼむイメージで10秒程度かけて吐きます。

これを繰り返し行います。

一日数回無理のない範囲で行い、慣れてきてから徐々に回数を増やしていくと良いでしょう。